ブログトップ

ドーナツ屋やってます。

doughdou.exblog.jp

9.9 満月バーの内容は?!

急に秋めいた空に、だんだん食欲が戻ってきたこの頃ですね。
予想がぴったりはまり、「秋イタリアンと赤ワイン」とてもおいしく楽しめる季節になりました。

まずは、今回のお料理の紹介から~。

千波町のシェアオフィスSOCOの1階にあるイタリアン「IL GUSO」イルグストの飯嶋シェフが秋野菜を「たっぷり使ったイタリアンをカジュアルに提供してくれます!

気になるメニューは、

○お月見カプレーゼ 
○マリネ野菜の盛り合わせ
○ジャガイモと茸のフリッタータ
○自家製ベーコンとチーズのピアダ
○きのことチーズのピアダ
○マルゲリータ風ピアダ
○フォカッチャロッソ
○若鶏の漁師風煮込み
スペシャリテ 手打ちパスタ
○キノコたっぷりのタリアテッレ
○ゴルゴンゾーラのクリームニョッキ
などなど
どれも今回のワインと相性よさそうなものばかり。


そもそも「IL GUSUTO」さんとの出会いは、、お休みの日にぶらっとランチに出かけたら、お野菜のおいしさにびっくり、丁寧に調理された皿からはシェフの温かい人柄が伝わってくるものばかりでした。
そして先日いただいたディナーでまたびっくり、きれいな有機野菜の前菜などおいしさももちろん遊び心とセンスが光るお料理たちばかり。そして、スペシャリテの生手打ちパスタが絶品。飯嶋シェフタダモノではありません。
今回の満月バーに合せて作ってもらったメニュー、どんなことになるか今から楽しみで仕方ありません。
写真はランチとディーナーの一コマ。
a0221457_17594066.jpg

手打ちパスタ
a0221457_17592879.jpg

手作りのニョッキは柔らかくてほんとにおいしい!今回はゴルゴンゾーラのクリームソースになる予定。これ絶対赤ワインに合います。
a0221457_1759321.jpg

茂木の「うたし農園」さん、益子の「まんまる農園」さんのお野菜たち。きれいです。
a0221457_180511.jpg

そして、若鶏の煮込み、満月バーではどんなお皿になってでくるのかなあ~。これもやわらかくてすごくおいしかったですよ。
a0221457_1963956.jpg

そして秋イタリアンに合わせたナチュールな赤ワインを中心にソムリエ樋口くんがセレクト。今回はインパクトのあるワインを選びましたぁとのことです。
まず大注目がオーストラリアの自然派醸造家「パトリック サリヴァン」。日本の入荷もごくわずかのレアものを3種セレクトしました。
a0221457_18261564.jpg

Patrick Sullivan
パトリック・サリヴァン
オーストラリア ビオディナミのワイン醸造家
フライングワインメーカーとして収獲、ワイン造りを終えると、北半球のフランス等のヨーロッパに飛んで
ブドウ・ワイン造りに携わる自由人。世界を股にかけて活躍しています。醸造学より栽培農学の方が大切だと
語る彼は、牛による農耕から始まり、ハーブやスパイス、野菜にいたるまで全てをビオディナミで共栄させているコミュニティーサウザンドキャンドルズ農園で全ての葡萄樹の管理を担当。今や極めて入手困難なほど世界で大注目の醸造家です。そのワインスタイルもとてもユニーク。型にはまらない個性派ワインから今回は3種セレクト
しました。
a0221457_1829275.jpg

ジャンピング・ジュース
ピノ・ノワール主体・シラーズ・ソーヴィニヨン・ブラン
パトリック・サリヴァンのフリースピリットが生み出す魔法の液体。驚くほどにスムーズで
飲み手の細胞レベルにまで浸透していくのではと思わせるような魅力的なワイン。
飲めばたちまち恋するジュース。昔ながらの甕(アンフォラ)で熟成をしています。
a0221457_18333136.jpg

パブ・ランブルスコ グラスバロッサ
イタリアで伝統的な赤の微発砲ワインが酸化防止剤を全くし使用せず
オーストラリアで造られました。ポップなラベルはTabっていうコーラのパロディ。
a0221457_18333660.jpg

ブリタニア・クリーク2013 ソーヴィニヨンブラン・シャルドネ・セミヨン
最近注目のオレンジワイン。果皮と果肉を7日間スキンコンタクトされた
タンニンやスパイシーさを感じる白ワイン。

個人的には、ランブルスコやオレンジワインなどイタリア古くから作られていた伝統的なワインを若い世代の醸造家が常識を打ち破った新しい感覚でオーストラリアで作られていることがおもしろいのです。そしてここで栃木の野菜イタリアンと出会う、なんだかわくわくしますよね!

そしてそして、インターナショナルグル・グルナッシュ・デーに先駆けて!(9月第三金曜日)
グルナッシュ飲み比べもしちゃいます。
しかも、今注目の自然派醸造家のワインばかり。こちらも見逃せませんねっ。

○フランク・マッサール(スペイン) ブリオラート・ユミリタ
○グランド・コリーヌ(フランス) G2010 フランス ローヌの日本人醸造家大岡さんのワイン、これは旨い。
○ヤウマ(オーストラリア) ダンピー・グルナッシュ・シラー2012

そのほか、スパークリングやロゼ、白ワインももちろんご用意しています。

さらにさらに、今回初の試みがありますよ。

1本のワインを囲んで、飲みながらざっくばらんにワインの話をしましょう!!
題して『ケイズテーブル』  
a0221457_11222693.jpg

まずは、一口、「これりんんごの匂いがする~」とか「整髪剤の匂いだっ」とか感性はひとそれぞれ。自由でいいんです。
またワインってどうしても難しい感じがしちゃいますが、このときはひとまず目の前のグラスについて話しましょう。セミナーのような堅苦しいものではなく、たとえて言うなら 初心者同士のテニスのラリーは全く続かなくてすぐに飽きてしまいますが、ケイズテーブルでは、どんな発言もソムリエ ケイイチクンがそれとなく届く範囲にボールを返してくれるはず。とにかくわいわい飲んじゃいましょう。 この日のワインは赤ワインになります。

21:30ころスタート15分程度。
 1人1000円 グラスワイン1杯と一口おつまみ付き。

限定7名(予約制) 店頭または、お電話で受け付けます。 028-637-2522 (ドードーナツ)
ワインは、「ドメーヌ・フォンシプレ ル・グルナッシュ・デュ・ボワ・サンジェーム2011」
濃厚な果実味がありながら、ナチュール特有のユルユル感が感じられる赤ワイン

さあ、盛りだくさんの9.9満月バー こないときっと後悔します!!



2014.9.9(tue) 19:30~23:00(l.O) 「秋イタリアンと赤ワイン」
満月に突如オープンする一夜限りのバー。
満月パワーを感じながらナチュールなワインとお料理で自然の恵みに感謝しつつみんなでワイワイ楽しむ場です。
気軽に1杯でも賑やかにボトルでお食事でも。いつもと違った大人の「dough-doughnuts」へようこそ。
[PR]
by dough-doughnuts | 2014-08-30 19:17 | 満月バー | Comments(0)
<< 3rd Anniversary... 9.9 満月バー OPEN ! >>