ブログトップ

ドーナツ屋やってます。

doughdou.exblog.jp

カテゴリ:満月バー( 39 )

明日の満月バー 予定通り決行します!

明日の満月バー見事に奇跡の晴れ予報!! 予定通りに19:30より決行いたします。

しかも満月の皆既月食なのです。21時時ころに12分の天体ショーをゆっくりワインを飲みながらみんなで眺めましょう♪
次は2018年まで日本では見えないそうです。

a0221457_15332840.jpg


満月が現れた時には、、伊澤商店祭り恒例の(?)「太陽サンキュ~」ならぬ「満月サンキュ~~」という秀さんの雄叫びが聴けるかもしれません!!合図にみんなで一緒にカンパイしちゃいましょうよ。
a0221457_15333634.jpg
当日のメニューは、パスタ以外はテイクアウトも可能です。お気軽にどうぞ。
外にもお席をお作りします。夜は涼しいかもしれませんので上着があったらベストかと。

そして、ロゼワインの会に合わせてバラのカタチのパンが登場します。一本杉農園のオーガニック小麦と天然酵母で作ったプレーンなパン「rose ロゼ」 1個200円。旨み、甘み,エグミ、苦みのいろんな味が詰まったパン、ワイン、お料理と共にお召し上がりくださいませ。
a0221457_15335085.jpg
伊澤シェフの渾身の料理群の中には「ローストビーフ 桜の花のソース」もあります。お皿の上で桜が見せます。バラに桜、、ちょっとしゃれたお花見も満月バーでは可能です。

さあ 待ちきれない明日の夜が。どのロゼワインに恋をしちゃいましょうか?!
a0221457_15342525.jpg
a0221457_15341871.jpg
date 2015.4.4(sat)
open 19:30~22:30(LO) 
place dough-doughnuts



[PR]
by dough-doughnuts | 2015-04-03 15:53 | 満月バー | Comments(0)

4.4満月バーのワインメニュー&フードメニュー

とうとう今週末に迫った「4.4満月バー」なんと皆既月食の満月です。
しかし、夕方からの雨予報が続く週末ですがなんとか奇跡の満月をちらっとでも願っていま~す!
雨の場合は、翌日の開催を考えておりましたが、連日の雨予報(あくまでも予報です)なので雨天決行で4月4日(土)19:30より開催決定いたします!!


その内容は 

まずは「伊澤商店」伊澤シェフのフードメニューからご紹介。

○グリーンアスパラとペコリーノチーズ  500yen
○ブルスケッタ3種(ポークリエット、煮たおし菜の花、レンズ豆のペースト) 500yen
○いろいろミニトマトとブッファラ(水牛のモッツアレラ)のカプレーゼ 600yen
a0221457_21521690.jpg
○自家製ボイルハム 600yen
a0221457_21520445.jpg
○スパイシーポテトサラダ 300yen
クミン、カルダモンなどのスパイスが効いたポテトサラダ、ロゼの香りマッチしそうです。
a0221457_21521048.jpg
○自家製生パスタ ソラマメとスナップエンドウのカヴァテッリ ヤギのチーズ 1,000yen
○豚すね肉の白インゲン豆煮込み 1,000yen
○ローストビーフ 桜のソース 1,200yen

どのメニューも春を感じられてロゼワインに合いそうなものばかり。全部食べたくて迷ってしまいますね!
男気あふれる伊澤さんは料理が切れないようにたくさん準備してくれる模様です。スタート時の19:30頃はお待ちいただくことが多いのですが20:30過ぎになるとすんなりお出しできるかとちょっと遅めもスタートもおすすめですよ。

そして今回の自然派ロゼワインをダーンと15種。

○クロ・ロッシュ・ブランシュ トゥーレーヌ・ロゼ・ピノ・ドニス  
○ドメーヌ・レ・ドゥー・テール ラ・ピティ             

○ナナ・エ・ヴァン・シー ユー・アー・ソー・ラヴリー 

○ジャン・クリストフ・ガルニエ ロゼ・グリ 2012 
○フリードリッヒ・ベッカー プティ・ロゼ 2008 

○ドメーヌ・トゥール パリジー・ロゼ 

○ラ・グランド・コリーヌ ル・カノン・ロゼ 2013 

○スモール・フライ サンソー・グルナッシュ・ロゼ 

○ファー・ライジング
 セニエ・ロゼ 
微発泡

○マリア・フィタ ヴァン・ド・フランス ペティアン・ロゼ 

○タキザワ・ワイナリー キャンベル・アーリー・ロゼ・スパークリング 

○シリル・アロンソ ラ・ブル・ガメイ 
○ラファエル・バルトゥッチ ビジュ・セルドン   

○グランド・コリーヌ ル・カノン・ロゼ・プリムール2014 

○アニエス・エ・ルネモス 
ムサムセット    
a0221457_23204271.jpg
まずは、生産量も少なくて希少な自然派ロゼが15種類もしかもグラスで揃ってしまうことがほんとにレア。
色や香りもキュートなロゼ、4日の最初の1杯はまずはロゼワインからスタートしましょう!微発泡はのど越しもよくておすすめです。
私なら、「マリア・フィタ」とスパイシーポテトサラダで軽く1杯から始めようかしら。

この中でもソムリエ樋口氏おおすすめは「スモール・フライ サンソー・グルナッシュ ロゼ」
南オーストラリアの樹齢の長いブドウの樹から作りだされ、ワインの権威も絶賛の造り手。旨みや凝縮感たっぷりのオレンジっぽく濁ったロゼワイン。一切濾過していないので自然の旨みがたっぷり浮いているワイン。すべて手摘みで生産量も少ないので市場で見かけることがほとんどないものです。この機会にぜひお試しくださいませ。

このほかに、泡や白、赤のご用意もございます。
a0221457_23204029.jpg
そして前回大好評だったあの企画が再び~『ケイズテーブル』やっちゃいます!!
1本のワインを囲んでソムリエケイイチくんと一緒に楽しく好きなことを言いながら飲みましょう!!
堅苦しい理屈だけじゃなくて感覚でいいんです。ちょっとした疑問・質問何でもオッケーです。

今回のワインはロゼで オリヴィエ・ギョイエ マルサネ ロゼ ブドウはビオディナミ農法で育て、畑は伝統的な馬車馬によって耕す。真摯に畑と向き合う造り手。ピノ・ノワール100%のロゼワイン。フレッシュな果実や収穫前の桃のように爽やか。

21:00ころスタート dough-doughnutsの店内で行います。
ワイン1杯 一口おつまみ付き 1,000yen
ご予約もお受けできます。 028-637-2522(当日のご予約もお受けします)

今回も盛りだくさんの「4.4満月バー」きっと素敵な出会いがあるはず。。

ぜひお越しくださいね。

date 2015.4.4(sat)
open 19:30~22:30(LO) 
place dough-doughnuts





[PR]
by dough-doughnuts | 2015-03-31 23:24 | 満月バー | Comments(0)

4月4日 満月バー OPEN !!

a0221457_015272.jpg
a0221457_023297.jpg


2015.4.4(sat) 19:30~22:30(l.O) 春野菜とロゼワイン
満月に突然オープンする一夜限りのバー。満月パワーを感じながら自然派ワインとお料理で自然の恵みに感謝しつつみんなでワイワイ楽しむ場です。


長らくお待たせいたしました。2015年最初の満月バーそろそろやっちゃいますよ。
そして去年の満月バーで私自身がゲストとして一番参加したかった「ロゼ」の会です。
今回もただでさえ生産量が少なくて入手困難なヴァンナチュールのロゼをダーンと16種類(もしかしたらそれ以上)を全てグラスでご提供しちゃいます!!
a0221457_012459.jpg

去年のロゼの会はいい意味でとってもショッキングでした。やる前はこんなに沢山揃えても味のバリエーションが少なくて飽きてしまうのではないかなあ~なんて思ってましたがどっこい、全然飽きないっ!!微発泡のものからトロット濃度のあるものもあるし、チェリーやいちごのようにあまい果実を思わせるものやきりっと酸味のキレた辛口も。そしてどれもブドウ本来の果実味がとっても感じられて自然派ワインの良さを改めて実感させてくれる体験でした。これを提案してくれた元イケメンソムリエ 樋口くんエライ!
ワインがあまり得意でない方にもあえておすすめしたいものばかりです。

そして、やはり春が似合うロゼには、ほろ苦く力強い春野菜がピッタリなのです。
お料理はなんと「伊澤商店」さんの伊澤シェフが登場しちゃいます!!

言わずと知れた人気カフェですが夜は大人のレストラン。
ご自身も農業をされているシェフのお料理は野菜使いがとてもシンプルながらセンスがひかり、一緒にいただいた自然派ワインのようにテロワール(土壌)を感じさせる素材を生かしながらも優しく力強い味。そして手作りハムや手打ちパスタもすっごく美味しかった。これ絶対にロゼに合います。
a0221457_0364295.jpg
a0221457_19182645.jpg
自家製生オレキエッテ。


そもそも伊澤さんとの出会いは割と最近。前回のぐるり市でお隣のブースだった伊澤商店さん、市も半ばでふと気がつくとお隣のブース裏は新橋のガード下のようなゴキゲンな状態に。そこから漏れてきたハッピーオーラが凄まじくてこの方と一緒に満月バーをやれたら絶対に楽しくなる!と確信しちゃいました。
私の直感は冴えていてイタリアのヴァンナチュールの愛好家でもある伊澤シェフ、この満月コラボ本当に今から楽しみでなりません。お料理やワインの詳しいメニューはまたご案内いたします。


お天気によっては、お外も暖かくなってくる頃。アウトドアの席もご用意しちゃう予定です。
4月4日は是非dough-dougnutsの満月バーへgo go!!


date 2015.4.4(sat)
open 19:30~22:30(LO) 
place dough-doughnuts

雨天の場合4月5日(日)に延期になる場合があります。こちらのページとFBで前日にご案内いたします。
予約はなしのフリースタイルです。ワイン1杯でもお食事でもお好きなスタイルでお楽しみください。


[PR]
by dough-doughnuts | 2015-03-13 16:08 | 満月バー | Comments(0)

「満月バー」でクリスマスシーズンの幕開けを!今週土曜です。

急に本格的な寒さがやってきましたね。

しかし、こうならないと、クリスマスシーズンは盛り上がってこないもの。冬の澄んだ空気の中にきらめくお星さまとイルミネーションに寒さを忘れてワクワクしてしまう季節です。

今週の土曜日は「満月バー」でクリスマスシーズンの幕開けを美味しいワインと共にみんなで楽しんじゃいましょう!! 今年最後の満月です。
a0221457_21292465.jpg


今回は初めての2部制です。1部は着席の予約制で2部は21:00~のいつものフリースタイル、ふらっとワイン1杯からお気軽にお越しいただけます。

さて、今日は2部のワインのご紹介をいたします。

毎回たくさんの種類の自然派ワインがお手軽にグラスで飲めるのが「満月バー」の魅力です。今回も好きなワインが絞りきれないよくばりなソムリエ樋口氏がさまざまなキャラクターをセレクトしました。

2部の目玉は、まずオーストラリアの超自然派の造り手「ルーシー・マルゴー」
満月バーでも何度かご紹介しています。後日、ゲストから「あのワイン美味しかったぁ」と言われてよく聞いてみるとルーシーということもたびたびありました!世界中のワイン愛好家が本数が少なすぎて入手困難な理屈抜きで旨いワイン。
しかも今回は日本への入荷数がわずか120本の「ジャスパーエステート ピノ・ノワール」赤と日本の入荷数 84本の「ジムズエステート ピノ・ノワール」赤 各グラスで1200円
これ1杯だけでも来る価値大ありです!
a0221457_20541852.jpg


さらに北海道のワイナリー 「農楽蔵」ラロ・フリッツァンテ・アロマティコ・ロゼ グラス 500円
a0221457_21161974.jpg

アロマティックな微発泡辛口のロゼ。自家農園で無化学農薬・無化学肥料栽培を基本とし野生酵母発酵、無濾過、亜硫酸をほとんど加えないこだわりの作り方。ワインはぶどうジュースのようにフレッシュでするする飲めちゃいます。

もちろん前回のブログでご紹介した1部でおだしする北イタリアの赤ワインたちやフランスのスパークリングワインはマグナムサイズで登場します。スパークリングワインは樋口氏がストレートに「僕これ、スゴク好きなんです!」という1本、2部の方もまずはこれで乾杯からスタートしちゃうのもおすすめです。

その他にも(いつもですが、)なかなか巷ではお目にかかれない自然派な逸品ばかりが赤、白とありますよ。

2部のフードは簡単なおつまみをこちらでご用意します。
生ハム盛り合わせ、チーズ4種盛りや温かいスープ、牛筋肉の赤ワイン煮などなど。

ぜひ、満月の夜にお会いしましょう!!

a0221457_21271025.jpg



*お知らせ
12月6日は dough-doughnutsは17:00で閉店させていただきます。ご不便おかけいたしますがご了承くださいますようお願いします。



2014.12.6(sat) 19:00~21:00(1部)21:00~23:00(2部)
「北イタリアの煮込みとイタリアワイン」


満月に突如オープンする一夜限りのバー。
満月パワーを感じながらナチュールなワインとお料理で自然の恵みに感謝しつつみんなでワイワイ楽しむ場です。
7回目の今回は、「北イタリアの煮込みとイタリアワイン」をテーマになんと栃木のイタリアンの名店『Acqua in Bocca (アクア イン ボッカ)』のお料理と山仁酒店のソムリエ樋口氏の選りすぐりのナチュールなワインの共演がdough-doughnuts で実現しちゃいます。
気軽に1杯でも賑やかにボトルでお食事でも。いつもと違った大人の「dough-doughnuts」へようこそ。


一部のは満席のためご予約の受け付けは終了いたしました。
[PR]
by dough-doughnuts | 2014-12-03 21:37 | 満月バー | Comments(0)

12.6 満月バーのワイン

今日は、満月バーのワインの紹介をしちゃいます。テーマはずばり「イタリアワイン」
イタリア20州では各々の食文化を大切にしていて、ワインの葡萄も土着の品種がたくさん残っていて種類もすごく多いんです。伝統文化を守っていくお国柄から昔ながら変わらないやり方で自然派ワインを造っているワイナリーも数あります。その中でも今回は北イタリア、ピエモンテ州の王道中の王道「ネッビオーロ種」の葡萄を使った赤ワインを4種セレクトしています。どれも生産量もごくわずかの入手困難なレアもの揃いです!!

まずは、『アルド・ビアンコ』バルバレスコの最長老の造り手。
a0221457_21185569.jpg

畑はわずか2ha、年間1万本しか生産しないとても小さななワイナリーです。伝統的な手法で造られた「本物のネッビオーロ」は非常に手間がかかるためとても高価か生産量が少なくてほとんどが地元ピエモンテで消費されてしまうほど。昔ながらの、大事に手入れされた大樽で長時間にわたる熟成を行いノンフィルターで樽詰めします。実直に造られたワインは穏やかに澄んだ中にも豊かなエキス分があり、滋味あふれる味わい。時代を超えて受け継がれていくべき、本物のバルバレスコです!

バルバレスコ2009 アルド ビアンコ
a0221457_21193470.jpg


そしてもう1種

ネッビオーロランゲ 2011 アルド ビアンコ
a0221457_21201157.jpg

透明度の高い明るいガーネットで、熟したチェリーと干しイチジクの香りや鉄分のニュアンスも感じます。透明感があり、滑らかで広がりのある味わいはバルバレスコの個性をそのまま受け継いでいます。

「ワインの王様」バローロもあります。

バローロ セッラルンガ 2009 プリンチピアーノ
a0221457_21203545.jpg

とにかく葡萄栽培にも醸造にもこだわりが強いプリンチ。畑には除草剤、一切の薬剤を使用せず肥料も極力与えない自然農法。醸造は、自然酵母のみの発酵で大樽の中、人間の足で行います。セッラルンガという場所のバローロは昔からミントの香りがしたといわれています。この畑では農薬に弱いミントが大量に発生、ここからミントの香りがするワインになるのかもしれませんね。ぜひ確かめてみてください!
さらに、入手困難の「マレンゴ ネッビオーロ・ダルバ ヴァルマッジョーレ」もあります。

どのワインも今回のお料理「ボッリート ミスト」イタリア風肉おでんとの相性は最高でしょう。

今回の1部の予約制では、スパークリングワイン 1杯がセットになってます。
そのワインとは
カブリアードのペパン・ラ・ピュルア メノード・アンセストラル 2011
a0221457_2121070.jpg
フランス ロワール地方のシャンパン越えをコンセプトにした自然派スパークリング。レモン、ライム、ラディッシュ、ホワイトチョコ、白味噌の香り。元気で繊細な泡はフレッシュさが際立ちます。クリスマスシーズンの幕開けにマグナムサイズで登場。参加者みなさんで乾杯してからスタートです!

そのほかにもグラスで白・赤ワインもご用意あります。第一部、第二部ともにこれらのワインがお召し上がりいただけます。

一部はお電話でご予約受け付けております。028-637-2522 dough-doughnuts
12月6日(土)19:00~(スタート) 19:30~(スタート) 予約制 20名限定。 
1名 3,500円 (スパークリング1杯付き) (税込)
  
menu  
○小さな前菜3種盛り合わせ
○タリオリーニ お肉のブロード
○ボッリート ミスト(いろいろお肉の水煮)

お料理はイタリアンの名店「Acqua in Bocca」さんより宇都宮ではなかなかたべられないボッリート ミストなどをご提供していただきます。



そして、そして遅くなりましたが前回の満月バーの様子です。
本当にた~~くさんのお客様にお越しいただきありがとうございました!!
予想をはるかに超えた次元で、お料理、ワインをお待たせしてしまう場面が多々あり本当に申し訳ございませんでした。深く反省するとともに今回はみなさまに満足していただけるよう満月スタッフで作戦を考えております。(もちろんヴァンナチュ―ルを飲みつつ、、。)ぜひともお越しをお待ちしておる次第です。

a0221457_21361812.jpg
a0221457_21363326.jpg
a0221457_2136475.jpg
a0221457_2137592.jpg
a0221457_21371710.jpg

イルグストさん美味しいお料理ありがとうございました。
a0221457_21373963.jpg

新コーナー「ケイズテーブル」1本のワインを囲んで好きなことを言う会。大好評。今回もあるかも。
a0221457_21375593.jpg

[PR]
by dough-doughnuts | 2014-11-11 21:43 | 満月バー | Comments(0)

12.6満月バーOPEN!!

a0221457_1722419.jpg

a0221457_1762317.jpg

2014.12.6(sat) 19:00~21:00(1部)21:00~23:00(2部)
「北イタリアの煮込みとイタリアワイン」


満月に突如オープンする一夜限りのバー。
満月パワーを感じながらナチュールなワインとお料理で自然の恵みに感謝しつつみんなでワイワイ楽しむ場です。
7回目の今回は、「北イタリアの煮込みとイタリアワイン」をテーマになんと栃木のイタリアンの名店『Acqua in Bocca (アクア イン ボッカ)』のお料理と山仁酒店のソムリエ樋口氏の選りすぐりのナチュールなワインの共演がdough-doughnuts で実現しちゃいます。
気軽に1杯でも賑やかにボトルでお食事でも。いつもと違った大人の「dough-doughnuts」へようこそ。


気が付けば今年も終盤戦に突入です。12月は年末モードでなんだかウキウキしてくる季節。12月6日(土)の満月バーから、楽しいクリスマスシーズンを迎えるのはいかがでしょうか?

今回は2部構成、第1部は初の試みで、予約制の着席スタイルで行います。第2部はいつものフリースタイルです。

そして、ワインは満月バー初のイタリアワインをテーマにしました。寒さが厳しくなるこの時期、身体から温まる煮込み料理とともにコクのある赤ワインをお楽しみいただこうと思っています。
イタリアでも屈指の美食の地・ピエモンテ州の「ワインの王様」と言われるバローロやバルバレスコなどを中心にもちろん自然派の造り手のワインをセレクトします。質の高いワインに欠かせないネッビオーロ品種のぶどうからつくられた伝統的なイタリアワインもさまざまな作り手により個性の際立つものが作られています。飲み比べしてみるのも面白いですね。

そしてそれに合わせるのは、言わずと知れたイタリアンの名店『Aqua in Bocca (アクア イン ボッカ)』さんのお料理。メインはピエモンテ名物ボッリート ミスト(牛、仔牛、豚、鶏などのいろいろな部位やソーゼージを、香味野菜と一緒に長時間茹でた肉料理)!わかりやすく言うとイタリアの「肉おでん」という感じ。
ことことと煮て柔らかくなったお肉を取り出して切り分け、サルサ ヴェルデというソースにつけてお召し上がりいただきます。ソースの中身はイタリアンパセリ、ニンニク、ケッパー、茹で卵の黄身、アンチョビ、オリーブオイルなど。
a0221457_1744719.jpg

a0221457_17442741.jpg

a0221457_17444372.jpg

*写真はすべてイメージです。
このお料理、アクアさん宇都宮ではなかなか食べられないメニューを今回特別にご提供していただけることになりました!
dough-doughnutsの店内でカジュアルにワインとお料理をお楽しみください。お料理に合わせたおすすめグラス3杯セットもご用意しました。ネッビオーロ種のワインとの相性は間違いなしです。
その他、白、赤、ロゼとグラスでのご用意ももちろんありますよ。

そして、想像だけでよだれものの麺が。手打ちの細麺パスタに色々お肉の旨みがギュッと詰まったスープをかけたシンプルなパスタもでます。さらりと白に合せるか、パルミジャーノチーズをたっぷりかけて赤に合せるかすっごく迷いますね。

11月7日(日)からお電話で予約を受け付け致します。20名様限定。ご予約はお早目にどうぞ~。
dough-doughnuts 028-637-2522


  12月6日(土)19:00~(スタート) 19:30~(スタート) 予約制 20名限定。 
1名 3,500円 (スパークリング1杯付き) (税込)
  
menu  
○小さな前菜3種盛り合わせ
○タリオリーニ お肉のブロードで
○ボリッート ミスト(いろいろお肉の水煮)



21:00からは予約なしでいつものように立ち飲みスタイルで行います。軽いおつまみ(生ハム盛りなど)のご用意もあります。イタリア伝統ワインのヴァンナチュールはもちろんさまざまなグラスもありますよ。
詳しくは後日。

新試みで緊張していますが、楽しみで仕方ありません。ぜひお越しくださいね。

a0221457_18325713.jpg

[PR]
by dough-doughnuts | 2014-11-08 18:41 | 満月バー | Comments(0)

9.9 満月バーの内容は?!

急に秋めいた空に、だんだん食欲が戻ってきたこの頃ですね。
予想がぴったりはまり、「秋イタリアンと赤ワイン」とてもおいしく楽しめる季節になりました。

まずは、今回のお料理の紹介から~。

千波町のシェアオフィスSOCOの1階にあるイタリアン「IL GUSO」イルグストの飯嶋シェフが秋野菜を「たっぷり使ったイタリアンをカジュアルに提供してくれます!

気になるメニューは、

○お月見カプレーゼ 
○マリネ野菜の盛り合わせ
○ジャガイモと茸のフリッタータ
○自家製ベーコンとチーズのピアダ
○きのことチーズのピアダ
○マルゲリータ風ピアダ
○フォカッチャロッソ
○若鶏の漁師風煮込み
スペシャリテ 手打ちパスタ
○キノコたっぷりのタリアテッレ
○ゴルゴンゾーラのクリームニョッキ
などなど
どれも今回のワインと相性よさそうなものばかり。


そもそも「IL GUSUTO」さんとの出会いは、、お休みの日にぶらっとランチに出かけたら、お野菜のおいしさにびっくり、丁寧に調理された皿からはシェフの温かい人柄が伝わってくるものばかりでした。
そして先日いただいたディナーでまたびっくり、きれいな有機野菜の前菜などおいしさももちろん遊び心とセンスが光るお料理たちばかり。そして、スペシャリテの生手打ちパスタが絶品。飯嶋シェフタダモノではありません。
今回の満月バーに合せて作ってもらったメニュー、どんなことになるか今から楽しみで仕方ありません。
写真はランチとディーナーの一コマ。
a0221457_17594066.jpg

手打ちパスタ
a0221457_17592879.jpg

手作りのニョッキは柔らかくてほんとにおいしい!今回はゴルゴンゾーラのクリームソースになる予定。これ絶対赤ワインに合います。
a0221457_1759321.jpg

茂木の「うたし農園」さん、益子の「まんまる農園」さんのお野菜たち。きれいです。
a0221457_180511.jpg

そして、若鶏の煮込み、満月バーではどんなお皿になってでくるのかなあ~。これもやわらかくてすごくおいしかったですよ。
a0221457_1963956.jpg

そして秋イタリアンに合わせたナチュールな赤ワインを中心にソムリエ樋口くんがセレクト。今回はインパクトのあるワインを選びましたぁとのことです。
まず大注目がオーストラリアの自然派醸造家「パトリック サリヴァン」。日本の入荷もごくわずかのレアものを3種セレクトしました。
a0221457_18261564.jpg

Patrick Sullivan
パトリック・サリヴァン
オーストラリア ビオディナミのワイン醸造家
フライングワインメーカーとして収獲、ワイン造りを終えると、北半球のフランス等のヨーロッパに飛んで
ブドウ・ワイン造りに携わる自由人。世界を股にかけて活躍しています。醸造学より栽培農学の方が大切だと
語る彼は、牛による農耕から始まり、ハーブやスパイス、野菜にいたるまで全てをビオディナミで共栄させているコミュニティーサウザンドキャンドルズ農園で全ての葡萄樹の管理を担当。今や極めて入手困難なほど世界で大注目の醸造家です。そのワインスタイルもとてもユニーク。型にはまらない個性派ワインから今回は3種セレクト
しました。
a0221457_1829275.jpg

ジャンピング・ジュース
ピノ・ノワール主体・シラーズ・ソーヴィニヨン・ブラン
パトリック・サリヴァンのフリースピリットが生み出す魔法の液体。驚くほどにスムーズで
飲み手の細胞レベルにまで浸透していくのではと思わせるような魅力的なワイン。
飲めばたちまち恋するジュース。昔ながらの甕(アンフォラ)で熟成をしています。
a0221457_18333136.jpg

パブ・ランブルスコ グラスバロッサ
イタリアで伝統的な赤の微発砲ワインが酸化防止剤を全くし使用せず
オーストラリアで造られました。ポップなラベルはTabっていうコーラのパロディ。
a0221457_18333660.jpg

ブリタニア・クリーク2013 ソーヴィニヨンブラン・シャルドネ・セミヨン
最近注目のオレンジワイン。果皮と果肉を7日間スキンコンタクトされた
タンニンやスパイシーさを感じる白ワイン。

個人的には、ランブルスコやオレンジワインなどイタリア古くから作られていた伝統的なワインを若い世代の醸造家が常識を打ち破った新しい感覚でオーストラリアで作られていることがおもしろいのです。そしてここで栃木の野菜イタリアンと出会う、なんだかわくわくしますよね!

そしてそして、インターナショナルグル・グルナッシュ・デーに先駆けて!(9月第三金曜日)
グルナッシュ飲み比べもしちゃいます。
しかも、今注目の自然派醸造家のワインばかり。こちらも見逃せませんねっ。

○フランク・マッサール(スペイン) ブリオラート・ユミリタ
○グランド・コリーヌ(フランス) G2010 フランス ローヌの日本人醸造家大岡さんのワイン、これは旨い。
○ヤウマ(オーストラリア) ダンピー・グルナッシュ・シラー2012

そのほか、スパークリングやロゼ、白ワインももちろんご用意しています。

さらにさらに、今回初の試みがありますよ。

1本のワインを囲んで、飲みながらざっくばらんにワインの話をしましょう!!
題して『ケイズテーブル』  
a0221457_11222693.jpg

まずは、一口、「これりんんごの匂いがする~」とか「整髪剤の匂いだっ」とか感性はひとそれぞれ。自由でいいんです。
またワインってどうしても難しい感じがしちゃいますが、このときはひとまず目の前のグラスについて話しましょう。セミナーのような堅苦しいものではなく、たとえて言うなら 初心者同士のテニスのラリーは全く続かなくてすぐに飽きてしまいますが、ケイズテーブルでは、どんな発言もソムリエ ケイイチクンがそれとなく届く範囲にボールを返してくれるはず。とにかくわいわい飲んじゃいましょう。 この日のワインは赤ワインになります。

21:30ころスタート15分程度。
 1人1000円 グラスワイン1杯と一口おつまみ付き。

限定7名(予約制) 店頭または、お電話で受け付けます。 028-637-2522 (ドードーナツ)
ワインは、「ドメーヌ・フォンシプレ ル・グルナッシュ・デュ・ボワ・サンジェーム2011」
濃厚な果実味がありながら、ナチュール特有のユルユル感が感じられる赤ワイン

さあ、盛りだくさんの9.9満月バー こないときっと後悔します!!



2014.9.9(tue) 19:30~23:00(l.O) 「秋イタリアンと赤ワイン」
満月に突如オープンする一夜限りのバー。
満月パワーを感じながらナチュールなワインとお料理で自然の恵みに感謝しつつみんなでワイワイ楽しむ場です。
気軽に1杯でも賑やかにボトルでお食事でも。いつもと違った大人の「dough-doughnuts」へようこそ。
[PR]
by dough-doughnuts | 2014-08-30 19:17 | 満月バー | Comments(0)

9.9 満月バー OPEN !

a0221457_19321019.jpg

a0221457_1938189.jpg
2014.9.9(tue) 19:30~23:00(l.O) 「秋イタリアンと赤ワイン」
満月に突如オープンする一夜限りのバー。
満月パワーを感じながらナチュールなワインとお料理で自然の恵みに感謝しつつみんなでワイワイ楽しむ場です。
6回目の今回はお月様が一番きれいに見えるこの季節に「秋イタリアンと赤ワイン」をテーマに野菜がおいしいイタリアンの「IL GUSTO」の飯嶋シェフと山仁酒店のソムリエ樋口氏の選りすぐりのナチュールなワインの共演がdough-doughnuts で実現しちゃいます。
気軽に1杯でも賑やかにボトルでお食事でも。いつもと違った大人の「dough-doughnuts」へようこそ。

ジメジメと暑さが厳しい毎日ですが、朝晩は少しづつ涼しくなり、たまに見かける気の早いトンボ、と秋の気配が漂ってきています。お月様も一番きれいに見えるこの季節。食欲も戻ってきて赤ワインが恋しくなる時期ですね。

白金台等で修業をされた「IL GUSTO」の飯嶋シェフのイタリアンが満月バーに登場します。旬の有機野菜をふんだんにそして丁寧に仕事をされたお料理、スペシャリテの手打ちパスタまでが。どれもワインとの相性がいいものばかり。そしてソムリエ樋口氏は赤ワインを中心にセレクト。暑さが残るこの時期に飲みやすいように軽めで明るい赤が揃います。
酸化防止剤などの添加物を使わず自然のままで発酵・醸造された自然派ワインだからこそ、完熟のぶどうを食べてるようなスイスイ飲めちゃう赤ワインも豊富。今回も素敵な出会いをお約束しちゃいます!

詳しい、ワインとパン、お料理のことは次回にして、前回の満月バー「屋上サマーパーティー」の様子をちらっと。。

台風の心配をよそに絶好のスーパームン日和。夜風がすごく心地よくて、ワイン・料理・ゲスト・スタッフのすべてが最高に溶け合い、まるで映画のワンシーンような夜でした。

a0221457_17431888.jpg

a0221457_1801262.jpg

a0221457_17445437.jpg

a0221457_17452518.jpg

a0221457_17454572.jpg

a0221457_17504445.jpg

a0221457_17515481.jpg


ほんとうにたくさんのお客様にお越しいただきありがとうございました。特にフードが大人気で充分なご用意ができずに申し訳ございませんでした。
こんな屋上バージョンもいつかまたやりたいなと密かにたくらんでおります。

そして、次回の9月9日は今年3回目で今年最後のスーパームーンです!!
十五夜の次の日でもあり、晴れたらきっと大きな満月に見守られた素敵な一夜になることでしょう!!
夜風を感じられるアウトドアのお席もお店の隣にご用意します。
楽しみですね~。
a0221457_1823246.jpg

[PR]
by dough-doughnuts | 2014-08-22 18:05 | 満月バー | Comments(0)

今週の土曜は「満月バー 屋上サマーパーティー」!!

a0221457_2118357.jpg

とうとう今週末に迫った7.12満月バー「屋上サマーパーティー」。
心配な台風の影響も今のところないらしく奇跡的に12日からの晴れ予報!!気温もぐっとあがるようで気分もだんだん盛り上がってきています。今日は、大注目のフードとワインメニューをご紹介しちゃいます。。

まずは、マツガミネコーヒービルヂングの個性派シェフ黒田氏の新作をふんだんに含むフードメニューから。
アンティパストプレート ¥580
(パルミジャーノ、ハモンセラーノ、ピクルス、サーモンのマリネ)

シーフードとブラックオリーブのカップサラダ ¥400

チョリソーと夏野菜のキッシュ ¥400

ベーコンと夏野菜のキッシュ ¥400

なるさわコッペサンド
ニンジン ¥400 タマゴ 
ゴルゴンゾーラのチーズケーキ ¥300

鶏もも肉とジャガイモのオーブン焼きwithアンチョビソースのペンネ ¥800

などなど、どれもシンプルに美味しくて今回のワインにぴったりのメニューです。
試食をさせてもらったゴルゴンゾーラのチーズケーキは口当たりの良さに油断すると喉を通った後にぐっとブルーチーズの濃厚な香りが上がってきます。これ赤ワインのいいおつまみになりそう!!ぜひお試しください。
a0221457_20423393.jpg

マツコーこだわりのアイスクラッシクコーヒ-もありますよ!


そして今回のワイン「海辺のバカンスワイン」をテーマに島や海のある地方で造られた自然派ワインを揃えました!
今回で5回目の満月バーですが、初開催から自然派ワインのみをセレクトしているのはもちろんご存じですよね。
そもそも「自然派ワイン」ってなに?!こんな声を私の親しい友からも聞こえていきます。
自然派ワイン、ヴァンナチュールなど呼び方も定義やルールーもはっきりとは決まっていないところが難しいところですが、、
「自然派ワイン」は、化学肥料、除草剤を使わない畑で造られ、その土地の環境(気候・風土)をそのままブドウに与え、人工的な添加物も極力使用せずに、自然な環境で最後まで醸造を行います。ワインは自生酵母による発酵で、造りにおいての介入も極力なく、無濾過,無清澄でさまざまな人工的な処置もなされないもの。
よって、自然派ワインはその産地(テロワール)や造り手をそのまま表現していると言えます。また、そのこだわりゆえに生産量は限られるため、とても貴重なワインなのです。
高度経済成長のなかですかっり工業化されグローバリズムされた現代のワイン界で自然派ワインに取り組むことは、とてつもない手間と労力を惜しまず、リスクを顧みない造り手の情熱とこだわりがあってこそだと思います。
カウンターカルチャー的なムーブメントを背景に持つ生産者達の多くは直感で動くタイプ。「格付けやブランドなんて気にしないっ!ただ自分が旨いと思うワインを作るだけ!!」こんなロックな生産者達が産み出すワインは、心揺さぶられる個性との出会いをきっと創ってくれるはず。おおー楽しみ。
満月バーはこんなワインをできる限りリーズナブルでたくさんの出会いがあるようグラスでご提供しています!


前置きが長くなってしまいましたが、ソムリエ樋口氏が迷いに迷いながら渾身のセレクトしたワインを少しご紹介します。
夏の風をうけながらスルスル飲めちゃう旨いワインばかりですが、まずは、
「フランス プロヴァンス ドメーヌ ミラン 赤」
土地の多種のぶどうを用い、自然な旨みを感じる滑らかな口当たりと、複雑味のある程よい熟成の味わいが特徴です。
a0221457_20461032.jpg

造り手のアンリはなんと元判事。当時ワインを大量に飲むと頭痛に悩まされていました。その原因を追究すると自然派ワインでは症状が出ないことに気付きます。そして前職の道を辞めて、家族で住む地でワイン醸造に専念しようと決意するのです。
a0221457_20471849.jpg

醸造は昔ながらの製法で、木樽熟成し、ノンフィルター、ノンコラージュで瓶詰め。その瓶詰は月の満ち欠けによって決定し、重力に従って行われます。アンリからのメッセージが素敵なのでちょこっと引用。
「私はワインの造り手であり、皆様と同じワインの愛好家でもあります。
ワインは日々変化する飲み物であり、その捉えどころなく流動的に広がる世界に惹かれ、
そこからおいしいワインを造りだす楽しみを日々感じています。
私にとっておいしいワインとはウンチクをいいながら飲むものではなく、もっと直感的で、
香りを利いて口に含んだときに「あ、お腹が空いてきた、食べたい」という欲を起こさせるもの。
美しい女性に心惹かれるのと同じように、五感で感じることができ、
皆さんの感性・本能のアンテナに訴える感覚を持つもの…
…私は、そんなワインを皆さんにお届けしたいと思っています。」

そしてもう一つ、私も心を揺さぶられたオーストラリアのカリスマ醸造家ルーシー マルゴー
「ドメーヌ ルッチ ホワイト」白
a0221457_2050024.jpg

日本のアニメ好きの11歳の娘が描いたラベルが印象的。
造り手のアントンは料理人として10年活躍した後に大学で醸造学を学び転職したこちらも変わり種。
大学卒業後はしばらく世界中を旅しながら、ドイツ、ニュージーランドそしてアメリカのオレゴン州でワイン造りに携わり、幸運なことにワイン造りに対する概念を打ち破るような機会を与えてくれた多くのワインメーカーと働くこのです。オレゴンのドメーヌ セリーヌで働いていた頃には、偉大なワインとは、ブドウが生まれ育った環境や畑の声を表現するもので、その表現を損なうような醸造からは退屈なワインしか生まれないという考えに至ります。
ルッチホワイトはテーブルでゴクゴクと豪快に飲み干す為にデザインされた、テーブルワインです。 田舎臭さと野暮ったさが魅力のスタイルを目指して作られました。「とにかくこれは俺の家呑みワインなんだ。だからキッチンシンクで作ったよ」というアントンの言葉。 キッチンシンクなワインとは、非常にスラング的で何でもかんでもまぜこぜという意味です。 2013年のルッチ・ホワイトはソーヴィニヨン・ブランとシャルドネ、若干のピノグリ。 すごい魅力的なワインです。


ワインって造り手とその土地に出会えるもの。知れば知るほど楽しくなってきちゃいます。

まあ長くなってきましたが、とにかく理屈抜きで楽しんでくださいね。
この場所を1日限りの満月バーバージョンにしてお待ちしています!!
a0221457_2109100.jpg

大きな満月よろしくね~!



2014 7.12(sat) 19:30~22:30(l.O) 屋上サマーパーティー
満月に突如オープンする一夜限りのバー。
満月パワーを感じながらビオワインとお料理で自然の恵みに感謝しつつみんなでワイワイ楽しむ場です。
5回目の今回はなんと「マツガミネコーヒービルヂング」の屋上に出現しちゃいます!!
テーマはズバリ「屋上サマーパーティー」。いつもと違った開放的な大人の「満月バー」へようこそ。

場所は、こちら http://www.bldg84.com/contact.html

[PR]
by dough-doughnuts | 2014-07-07 21:10 | 満月バー | Comments(0)

7.12 満月バー「屋上サマーパーティー」 OPEN

a0221457_23145742.jpg

a0221457_23154419.jpg


2014 7.12(sat) 19:30~22:30(l.O) 屋上サマーパーティー
満月に突如オープンする一夜限りのバー。
満月パワーを感じながらビオワインとお料理で自然の恵みに感謝しつつみんなでワイワイ楽しむ場です。
5回目の今回はなんと「マツガミネコーヒービルヂング」の屋上に出現しちゃいます!!
テーマはズバリ「屋上サマーパーティー」。いつもと違った開放的な大人の「満月バー」へようこそ。


ジメジメと鬱陶しい梅雨を超えて満月バー「屋上サマーパーティ」で楽しんじゃおうじゃありませんか?
今回のワインテーマは『海辺のバカンスワイン』です。スペイン イビサ島やプロヴァンス、マーガレットリヴァーなどなど、島や夏の海沿いの地で造られた自然派ワインをソムリエ樋口氏がセレクト。どれも初夏の風にピッタリの理屈抜きで旨くスルスル飲めちゃう親しみやすいワインです。
そして、若者を中心に絶大な人気を誇るカフェ「マツガミネコーヒービルヂング」のワインに合うお料理で屋上コラボいたします。人気の夜メニューから、リエットやバーニャカウダをはじめ、この日限りのスペシャルメニューも登場しちゃう予感。そもそもこの抜けがたまらないマツコーの屋上を体験されてますでしょうか?
a0221457_23325896.jpg

a0221457_23335065.jpg

夜風にあたりながらここで飲んでたある日になぜかふと浮かんだイビサ島のイメージ。
a0221457_23363823.jpg

a0221457_23365794.jpg

そうだ、島のワインを飲みながらサマーパーティーやりたいな、と。
そして見つけてもらい今回お出しする、イビサ島で造られたしかも自然派ワインです。
a0221457_23394937.jpg

「イピサ ティント イピスクス」
有機栽培の接木されていない古樹から伝統的な島のワインを造ろうというユニークなプロジェクトから生まれたミディアムボディの赤ワイン。風味がとても凝縮していて卓越したテクスチャーを持ちながら、繊細で軽やかなワインです。異国の海辺に思いを馳せながら飲むワイン。

その他、詳しいワインやお料理はまたご紹介していきますね。

大きな満月に抱かれて気持ちのいい一夜にすべく、満月バークリエイト部門も一夜限りの屋上を演出します。
どうかフラッとお出かけください。


ご案内:

駐車場をご利用のお客様へ
dough-dpughnutsの駐車場(もみじ通りP)または市役所の駐車場(22:00まで)をご利用ください。
マツガミネコーヒービルヂングの駐車場は1階のお客さま専用とさせていただきます。(1階マツガミネコーヒービルヂングは通常営業されています)

雨天翌日延期の件
12日に雨天が予想される場合は翌日13日に延期いたします。(前日の16:00頃にこちらのブログとdough-doughnutsのfacebookでご案内いたします)13日も雨天の場合は、dough-doughnutsで開催します。こちらは当日に同じ方法でご連絡します。

[PR]
by dough-doughnuts | 2014-06-18 23:58 | 満月バー | Comments(0)