ブログトップ

ドーナツ屋やってます。

doughdou.exblog.jp

カテゴリ:満月バー( 40 )

7.12 満月バー「屋上サマーパーティー」 OPEN

a0221457_23145742.jpg

a0221457_23154419.jpg


2014 7.12(sat) 19:30~22:30(l.O) 屋上サマーパーティー
満月に突如オープンする一夜限りのバー。
満月パワーを感じながらビオワインとお料理で自然の恵みに感謝しつつみんなでワイワイ楽しむ場です。
5回目の今回はなんと「マツガミネコーヒービルヂング」の屋上に出現しちゃいます!!
テーマはズバリ「屋上サマーパーティー」。いつもと違った開放的な大人の「満月バー」へようこそ。


ジメジメと鬱陶しい梅雨を超えて満月バー「屋上サマーパーティ」で楽しんじゃおうじゃありませんか?
今回のワインテーマは『海辺のバカンスワイン』です。スペイン イビサ島やプロヴァンス、マーガレットリヴァーなどなど、島や夏の海沿いの地で造られた自然派ワインをソムリエ樋口氏がセレクト。どれも初夏の風にピッタリの理屈抜きで旨くスルスル飲めちゃう親しみやすいワインです。
そして、若者を中心に絶大な人気を誇るカフェ「マツガミネコーヒービルヂング」のワインに合うお料理で屋上コラボいたします。人気の夜メニューから、リエットやバーニャカウダをはじめ、この日限りのスペシャルメニューも登場しちゃう予感。そもそもこの抜けがたまらないマツコーの屋上を体験されてますでしょうか?
a0221457_23325896.jpg

a0221457_23335065.jpg

夜風にあたりながらここで飲んでたある日になぜかふと浮かんだイビサ島のイメージ。
a0221457_23363823.jpg

a0221457_23365794.jpg

そうだ、島のワインを飲みながらサマーパーティーやりたいな、と。
そして見つけてもらい今回お出しする、イビサ島で造られたしかも自然派ワインです。
a0221457_23394937.jpg

「イピサ ティント イピスクス」
有機栽培の接木されていない古樹から伝統的な島のワインを造ろうというユニークなプロジェクトから生まれたミディアムボディの赤ワイン。風味がとても凝縮していて卓越したテクスチャーを持ちながら、繊細で軽やかなワインです。異国の海辺に思いを馳せながら飲むワイン。

その他、詳しいワインやお料理はまたご紹介していきますね。

大きな満月に抱かれて気持ちのいい一夜にすべく、満月バークリエイト部門も一夜限りの屋上を演出します。
どうかフラッとお出かけください。


ご案内:

駐車場をご利用のお客様へ
dough-dpughnutsの駐車場(もみじ通りP)または市役所の駐車場(22:00まで)をご利用ください。
マツガミネコーヒービルヂングの駐車場は1階のお客さま専用とさせていただきます。(1階マツガミネコーヒービルヂングは通常営業されています)

雨天翌日延期の件
12日に雨天が予想される場合は翌日13日に延期いたします。(前日の16:00頃にこちらのブログとdough-doughnutsのfacebookでご案内いたします)13日も雨天の場合は、dough-doughnutsで開催します。こちらは当日に同じ方法でご連絡します。

[PR]
by dough-doughnuts | 2014-06-18 23:58 | 満月バー | Comments(0)

4.15満月バーは「ロゼとパンと春野菜」

桜が満開。春爛漫のこの季節がやってきました!
4月15日の満月バーは、「ロゼとパンと春野菜」というテーマです。

最近世界的に人気が出ていると言われている白とロゼ。
特に今回のワインのセレクションがすごいです!!
『ハルイロロゼグラデーション』と題し自然派のロゼがなんと16種類も並びます。。
しかも全部がグラス売り。ソムリエ樋口氏魂のセレクトです!!
自然派のロゼといえば生産量自体も少なく日本への入荷も限られていてとにかくどれもレアもの。
もうこれは大きな声では言えないほど、こられた方は間違いなくラッキーでしょう。
ラインナップをご紹介。
エラスリス カベルネ・ソーヴィニヨン ロゼ
ファビリス・ガニエ シノン・ロゼ2012
ガルニエ ロゼ・グリ2012
シモン・ビュッセー シ・ロゼ2011
トゥール パリジー・ロゼ2007
ビトウィーン・ファイブベルズ ロゼ2011
オリヴィエ・ギュイヨ マルサネ・ロゼ2010
ナナ・エ・ヴァン・カンパニー ユーアーソーバブリー
サンソニエール ロゼ・ダンジュール2010
フレデリック・コサール ロジェ2011
グランド・コリーヌ ル・カノン・ロゼ・プリムール2013
エリーズ・ブリニョ ペティアン・ナチュレル・ロゼ・ゼビュロン2006
ラ・ソルガ プラン・ル・ゴーシュ2008
ヴァイングート・フリードリヒ・ベッカー プティ・ロゼ2008
ミカエル・ブージュ ラ・ブル・ロゼ2008
カミーノ・サン・パブロ ロゼ
a0221457_23441764.jpg


迷いすぎるほどどれもおすすめですが、その中でラベルも可愛いオーストラリアのロゼ
a0221457_234623.jpg

「ビトウィーンファイブベルズ・ロゼ2011」
健康的で無添加そしてどれもが純粋に美味しいワインを造り出すビクトリア州のワイナリー。
このロゼは、レッドからのセニエ法で取り出したワインにシャルドネとマスカット、リースリングを加えたワイン。酸化防止剤をまったく加えない赤ワインと白品種をブレンドし、リリースまで古樽で熟成させます。さわやかな辛口のロゼは理屈抜きで一気に飲み干したくなるほどの美味しさとか。そしてこの2011年はほとんど市場では見ることのなシロモノです。
そのほか、お料理に合わせた赤や白の自然派ワインもありますよ!

こんなラインアップが実現するのはやはり山仁酒店さんならではですね。全国ワインアドバイザー選手権大会優勝経験を持つ社長は自然派ワインにとても造詣の深い方。卸を中心にされていますが個人のお客様でも1点から購入できるようですよっ。

そして今回のもう一つの目玉。Panification U 氏家氏の作り出すパンたちは早くも売り切れ続出。都内の有名店で修行された氏家氏のパンはフランスの香りがし。、お野菜やチーズ、スパイスなどのアレンジが絶妙なセンスです。
今回は「帆立と菜の花のキッシュ」や「ジャンボンフロマージュ」2種のオリーブとチーズが入った「オリーブフロマージュ」などが登場しちゃいます。これはワインがすすむに違いありませんね。
a0221457_0104092.jpg

a0221457_0143916.jpg

a0221457_0105928.jpg
a0221457_0111212.jpg
a0221457_0112385.jpg


お料理は「ベジファーム」さんの有機野菜を使った春野菜のサラダやローストビーフロースト野菜添えなどなど。普段は甘いカクテル好きの女子からワイン通の方まで幅広く楽しんでもらえるラインナップだとおもいます。
もう待ちきれない。あとは大きな満月よろしくね~。




a0221457_020402.jpg


2014 4.15(tue) 19:30~23:00(l.O) ロゼとパンと春野菜
満月に突然オープンする一夜限りのバー。満月パワーを感じながらビオワインとお料理で自然の恵みに感謝しつつみんなでワイワイ楽しむ場です。
四回目の今回のテーマは、「ロゼとパンと春野菜」。
なんとオープン後すぐに宇都宮に新風を吹き込んだ今注目のブーランジェリー「Panification U」の氏家氏と山仁酒店のソムリエ樋口氏の選りすぐりのビオワイン、そして春野菜のお料理の共演が実現しちゃいます。
気軽に1杯でも賑やかにボトルでお食事でも。いつもと違った大人の「dough-doughnuts」へようこそ。
[PR]
by dough-doughnuts | 2014-04-08 00:22 | 満月バー | Comments(0)

4月15日(火)満月バー OPEN!!

a0221457_2111580.jpg

a0221457_20271876.jpg

2014 4.15(tue) 19:30~23:00(l.O) ロゼパン春野菜
満月に突然オープンする一夜限りのバー。満月パワーを感じながらビオワインとお料理で自然の恵みに感謝しつつみんなでワイワイ楽しむ場です。
四回目の今回のテーマは、「ロゼとパンと春野菜」。
なんとオープン後すぐに宇都宮に新風を吹き込んだ今注目のブーランジェリー「Panification U」の氏家氏と山仁酒店のイケメンソムリエ樋口氏の選りすぐりのビオワイン、そして春野菜のお料理の共演が実現しちゃいます。
気軽に1杯でも賑やかにボトルでお食事でも。いつもと違った大人の「dough-doughnuts」へようこそ。

長かったそして冷たかった冬がやっと終を告げてくれ、待ちに待った春の訪れです。なんだかウズウズしている方が多いのではないでしょうか?お待たせしました「満月バー」があなたをお待ちしています。

江曽島にニューオープンした「Panification U」の氏家氏のパンが満月バーに登場します。限定のパンも出てきちゃうかもしれません。そしてイケソム樋口氏はロゼワインを中心にセレクト「今回は、いい意味でヤバイセレクトになるでしょう」とのコメントが。今から楽しみで仕方ありません。
ロゼワインはワインを飲む方でもあまり馴染みがないかもしれませんが作り方もいくつかあり、特にぶどうの味を生かす自然派ワインでは、キャラクターも様々で味のバリエーションも楽しめます。とにかくチャーミングな色も大きな特徴。春野菜の初々しさとの相性は最高です。
また、いちごや桃のようなフルーティーで自然な甘味のロゼもあり、普段は甘めのカクテル好みな女子にもきっと新境地が開けるでしょう!!
詳しい、ワインとパン、お料理のことは次回にして、前回の満月バーの様子をちらっと。。

a0221457_20551413.jpg

これだけのレアなビオワインが宇都宮の小さなドーナツ屋さんに集合。しかも全部グラスで500yenから。
これはなかなかシビレます。
a0221457_20574073.jpg

a0221457_20575887.jpg
a0221457_2058226.jpg

a0221457_20585860.jpg
a0221457_20591581.jpg

a0221457_2154445.jpg

a0221457_21311288.jpg

a0221457_210029.jpg

a0221457_210158.jpg

夜が濃くなるにつれてどんどん集まるゲストたち。盛り上がった夜でした。

この日私はソムリエ脇のレジ係でで次々に開いていく新しいボトルからテイスティングできるという絶好のポジション!自然派ワインはどれもジュースっぽいの?みたいな質問にわかりやすく応える応答を聞きながらふむふむと。 
そして、それはオープン間近のワインがショーケースに並んだ頃にテンションが上がってきたH氏から割と大きな声で発せられた独り言「僕は、満月を一生忘れないっ。だって満月バーがあるから。」隣で聞いていた私は、内心「満月はあなたが忘れるとかそういう次元のものではないよ~」とツッコミを入れながらもなんだかとっても嬉しかったんです。この思いの波はきっとここにいるそしてこれから来る誰かに伝染していくものだから。 やっている私たちからこのワクワクがおさまらない限りこのバーは、きっと続いて行くのだろう。。と静かに確信したそんな夜でした。


つづく。
[PR]
by dough-doughnuts | 2014-03-26 21:22 | 満月バー | Comments(0)

明後日は満月バーへ!

寒いっ、夜の空気がいつになく冴え渡っている冬のそら。
その分、お月様も星もいつも以上に輝いてみえます。

とうとう明後日は今年初の満月バーです。

今回は「飲み初めは満月バーで!」というテーマで、自然派の微発泡と日本人ワインのソムリエ樋口氏のこだわったラインナップが楽しめますよ。

微発泡にも、シロ、そして赤、甘口ロゼにににごり日本酒まで様々にセレクト。どれも自然派らしく、瓶内発酵の自然なシュワシュワ感を感じられるのが特徴。一口含むととても心地よい香りが広がります。

いくつかご紹介を。
a0221457_08678.jpg

まずは、「ビジェ・セルドン」フランス 中甘口ロゼの微発泡。とにかくきれいなピンク色。
通に有名で年に一度少量入荷のレア物。
微かな砂糖菓子のような純粋な甘みに、ほんのり果物の風味。
そこにフレッシュな酸味がからみあい、シュワッと爽やかな後味。
シャンパーニュなどのしっかりとした泡とはちがう、きめ細やかで優しくクリーミーな泡です。

a0221457_0143994.jpg

「クラヴィエール ガメイ」フランス 赤の泡
ピュアなベリー&チェリー系の果実味が、ジワジワっと、口一杯に広がり、甘酸っぱい余韻が続く。
発酵、瓶詰時ともに酸化防止剤を一切添加しない自然派!
造り手の「ジャン・クリストフ・ガルニエ」は 実に個性豊かなワインを造っています。
彼のワインは自然な造りでありながら、味わいが美しく、ビオの癖や嫌な
風味がないのが特徴。エチケットも素敵なこちらも希少ワインです。

そしてもう一つ、自然派微発泡であり日本人ワインの「ル カノン ロゼ プリムール」
フランス ロゼ 泡
a0221457_0212532.jpg

フランス 北ローヌ地方で自然派ワインを作っている日本人大岡さんのワインです。
a0221457_0231479.jpg

「少量でも構わないから良いブドウだけを育てたい」、大岡さんの畑仕事における考えです。
醸造においては、その土地に育つブドウが醸し出す、純粋かつ繊細な果実味を楽しんでいただくことを目的として、野生酵母による自然な発酵とビン詰めに至るまでの全ての過程において酸化防止剤を使用しないことが特徴です。ル カノン はルージュ(赤)もご用意しています。

他にも、スペインのエルブジで使われているワインとか長野、北海道のワインも種類が豊富なんですよ~。

そしてワインを更に楽しめるお料理も。今回は、スパークリング3種とそれぞれにマッチしたお料理のセットがスペシャルメニューですよ。是非。

さらに、ファンが多いHappy field cafe として最後に腕を振るう福田氏からはどんなお料理が生まれるのか楽しみです。

またまた、マニアの密かな楽しみが満月バーオリジナル・グラスリングです。
1回目
a0221457_0295743.jpg

2回目 中秋に名月だったのでリング自体を満月に見立てました。
a0221457_0304247.jpg

今回  微発泡スパークリングの泡と新春のイメージでやってみました。
a0221457_0313166.jpg
 

寒いけど寒いけどぶらっとよってくださいね。


a0221457_0362552.jpg

[PR]
by dough-doughnuts | 2014-01-15 00:36 | 満月バー | Comments(2)

1月16日(木)満月バー OPEN !!

a0221457_228396.jpg

a0221457_2293534.jpg


2014 1.16(thu) 19:00~23:00(l.O) 飲み初め(ノミゾメ)は満月バーで。

満月に突然オープンする一夜限りのバー。三回目の今回のテーマは、「飲み初めは満月バーで!」。
新春にふさわしい自然派のスパークリングを揃えました。元ハッピーの福田シェフの料理と山仁酒店のソムリエ樋口氏の選りすぐりのビオワインの共演再び。気軽に1杯でも賑やかにボトルでお食事でも。いつもと違った大人の「dough-doughnuts」へようこそ。

ご連絡遅くなりましたが、今回はやりますよっ。今年も「満月バー」でワイワイ飲んでスタートに加速をつけましょうよ。見上げましょう、空気が冷えて澄んだ空に満月が綺麗です。
イケメンソムエ樋口氏のプロデュースにより自然派おすすめスパークリングワイン3種&アミューズセットが登場します。
a0221457_2223869.jpg

熊のラベルがカワイイ北海道「農楽蔵」のシロとロゼ。
両方とも生産数の少ないワインで非上に人気が高く、シロはリリース後5日もたたずに完売したそう。とても爽やかでフレッシュなぶどうを食べているようです。
ロゼは微発泡でアロマティックな辛口。

また面白いのが日本酒のスパークリング「大那」。地元那須産の契約栽培米を100%使った純米吟醸酒をもろみを荒く濾しただけでビン詰、瓶内発酵。 米の旨みが残りながらもフルーティーで飲みやすい新感覚です。

ところで、ワインてやっぱり難しいって思われがちですよね。でもちょっとしたキーワードを抑えるだけでも楽しくなってきます「ブドウ品種」、「生産国」「地区」「生産者」などが大きな手がかりですが、自分がおいし~と思ったワインをまず1つ覚える、次は同じぶどうのワインを飲んでみるなんてどうでしょう?!いつの間にかその時の気分に合わせたワインを選べるようなるかも。
そして、興味を持つきっかけは人様々。ソムリエ樋口氏は、年上の女性と食事に行くことになり、ワインの飲めるお店をリクエストされ、「これは知っておいたほうが良さそうだ!」と思ったことが始まりだとか(笑)
そして魅力は、同じ銘柄であっても年や熟成によって味が変化し、全くの同じものに出会うことはないところだとか。。 一緒に空間を共にすることも含めて「一期一会」を味わいに、さあ遊びに来てください。

この他のスパークリングや少し甘めのものもご用意しています。

そして、今回のもうひとつの目玉は今や幻の「ハッピーフィールドカフェ」福田氏の宇都宮最後の晩餐です。
思い切り自由にやってもらっちゃいましょう!!!

またまた、こんなものもの。
a0221457_22552072.jpg

今が夜空が一番綺麗な季節。満月を覗いてみようかと思います。

来週の木曜です。。


次の日の1月17日(金)は12時よりオープンします。
[PR]
by dough-doughnuts | 2014-01-09 23:02 | 満月バー | Comments(0)

明後日の満月バーはきれいなお月様が見えそうです。

大型台風も過ぎ去り、やっとすがすがしい秋の青空が広がっているこの頃。
夜にはきれいなお月様が白い光を放ってますね。
前回のスーパームーンは土砂降りでまったく見れなかったお月様、明後日の中秋の名月はきれいに顔を出してくれそうではありませんか!!
先日の家のベランダから、プールに映る月明かり、秋の気配が。
a0221457_0283625.jpg


今回は、こんな季節にピッタリの果実味の豊富な白、ややしっかりめの厚みのある赤をご用意しています。
でも、まだ日中は軽く汗ばむ日も、まずは過ぎ行く夏を惜しみつつ、泡からスタートするのもいいのでは?!

a0221457_0314049.jpg

ヴァンサン・リカール ヴァン・ムスー フランス

ヴァンサン・リカール氏が作るロワールのスパークリングワイン。ロワールはといえばシュナンブランが一般的ですが、これはソービニヨン・ブラン100%ジンライムのようなさわやかな泡。
収穫はすべて手作業で自然酵母の発酵です。葡萄のフレッシュなおいしさをキープするため酸化防止剤も最低限の添加というこだわり。私なら、まずは生ハム・オリーブにパンで1杯。

そして、「KANEL BRED」から特別に焼いていただいくパンも登場。「パン・オ・ヴァン」赤ワインとくるみ・ドライフルーツのパン 
a0221457_0405627.jpg

クルミとドライフルーツを赤ワインで漬け込んで、水と赤ワインで仕込んだパン。
a0221457_043372.jpg

このまま少し薄めにスライスしてほおばりたいっ。しかし、赤ワインのパンと赤ワインの相性もいいんだそうで。
ここでぜひお勧めしたいのが
a0221457_0443687.jpg

マルセル・ラピエール モルゴン・サンスフル

ボージョレヌーボで有名なボジョーレ地区で完全有機農法ワインを作った第一人者。このワインを飲んでビオワインに目覚めたワインバーのオーナーなども少なくありません。
前回の満月バーでの「レーザンゴーロワ」もラピエールのワイン。
a0221457_0564196.jpg

なんでも受け止めてくれそうなこの笑顔。。美味しいものが生まれてくるのわかります。
大きな特徴は畑に居つく天然酵母を使っているところです。あとから添加するなではなく、葡萄についた酵母でそのまま発酵・熟成するのです。すっすごいですよね。初めて知ったときは驚きました。
クスリを使えば酵母は死んでしまうので完全有機農法以外ではありえないとのこと。その土壌そのもののワインが生まれてくるそうです。味は酸味もありますがまろやかでまるでピノ・ノワールのよう。
レバームースのブリュレと一緒にいかがでしょうか?
a0221457_132930.jpg

そのほか、おつまみ、煮込みなどもあります。

今回のイケメンソムリエ樋口氏のセレクトでは、フランス・イタリア・オーストラリア・チリ・スペインとさまざまな国のビヲワインがあるのも面白いところ。この日この場での出会いの1杯をどうぞ!!しかもグラス500円からとぎりぎりまでリーズナブルです。


満月バーでは、初めてであった方々も楽しく会話が弾むような楽しい場を目指しています。
どうぞぶらっとお寄りください。
ノンアルコールもご用意しましたが基本はバー。ビオワイン・ビールなどをお楽しみください。


a0221457_1145971.jpg

2013 9.19(thu) 19:30~23:00(l.O) 中秋の名月

満月に突然オープンする一夜限りのバー。二回目の今回のテーマは、「パンとワイン」です。「KANEL BRED」のブーランジェ平山氏の天然酵母を使ったスペシャルなハードパンと山仁酒店のソムリエ樋口氏の選りすぐりのビオワインの共演。気軽に1杯でも賑やかにボトルでお食事でも。いつもと違った大人の「dough-doughnuts」へようこそ。
[PR]
by dough-doughnuts | 2013-09-18 01:22 | 満月バー | Comments(0)

9月19日 満月バー OPEN !!

a0221457_18122172.jpg


a0221457_18201374.jpg

2013 9.19(thu) 19:30~23:00(l.O) 中秋の名月

満月に突然オープンする一夜限りのバー。二回目の今回のテーマは、「パンとワイン」です。「KANEL BRED」のブーランジェ平山氏の天然酵母を使ったスペシャルなハードパンと山仁酒店のソムリエ樋口氏の選りすぐりのビオワインの共演。気軽に1杯でも賑やかにボトルでお食事でも。いつもと違った大人の「dough-doughnuts」へようこそ。


とうとう2回目を開催することになった満月バー。今回は1年で一番にお月様がきれいに見える中秋の名月になりました。
遠くは奈良時代にはすでに十五夜に月を愛でる風習があったといわれています。
当時の習慣としては、夜空に浮かぶ月を直接見るのではなく、池や川の水面に映った月を眺めたり、里芋や饅頭に萩の箸で穴をあけてその穴から月を覗き見るといった楽しみ方もあったようです。なんと風流。
月を見てると気持ちまでゆったりタイムスリップしちゃいそうです。


今回のテーマは「パンとワイン」です。 とにかくパンとワインがあれば満足。それにおいしい料理と音楽、楽しいおしゃべりがあればもう最高にハッピーですよね!!
今回は6月にオープンしてすでに人気ブレッドショップの「KANEL BRED」のはにかみ天才ブーランジェ平山氏にはワインにあうスペシャルなパンを作ってもらっちゃいます。夕方にはすでに売切てしまうパンは、全粒粉で起こしたルヴァン種を軸に、低温長時間発酵、粉や加水にもこだわったハードなものも。「赤ワインとクルミ」・「ブラックペーパーとハーブのカンパーニュ」。想像だけでワインがすすみそう。。
a0221457_19121097.jpg

a0221457_1921955.jpg

お料理は、「4種チーズのバゲットグラタン」や「タルティーヌ」「レバームースのブリュレ」などを作る予定。
これまた果実味の豊富な白や明るい赤との相性ばっちりです。
イケメンソムリエ樋口氏からは「秋の満月夜風にピッタリのビオワインをセレクトします。」とのメッセージが。
ビオワインとパンの共通点はやはり酵母でしょう。自然の力をできる限り引き出したワインとパンは合わないわけがありません。お月見はもともと秋の豊作のお祝いの意も。自然の恵みを感謝しつつ、楽しくワイワイ飲んじゃいましょう!!
a0221457_192141100.jpg

[PR]
by dough-doughnuts | 2013-09-03 19:23 | 満月バー | Comments(0)

初めての満月バー楽しかった。

すっかり梅雨明けして猛暑に突入しましたね。
ちょっと遅くなってしまいましたが、先日の満月バーの様子を少しだけ。。

当日はスーパームーンをとても楽しみにしてけれど、スタート時間が近づいたころには生憎の土砂降り。。
しかし、予想をはるかに超えるたくさんのお客様が集まってくれました。ほんとにうれしかった。ありがとうございました。 また、お天気がよかったらお月様を愛でながら外に広がりつつ飲んでいただくのもありかなとおもっていましたが、雨、、店内が狭いためゆっくりとしていただけなかったり、お料理をお待たせしちゃったりと至らぬところがたくさん。。そんなところは反省しつつ次回はもっと楽しんでいただけるよう頑張ります!
そして、今回改めて感じたのは、場の雰囲気は来てくれるゲストが作ってるってこと。
ワクワクとそれぞれのエネルギーのおかげでムードは盛り上がり、なんだか素敵な夜でした。


またいつかの満月バーで!!  次は、お月様がきれいに見えるあのころかな。。

a0221457_11122752.jpg
a0221457_11125152.jpg
a0221457_11131671.jpg

イケメンソムリエ樋口さんのセンスが光るワインのセレクト。今回は全部自然派ワインで。
丁寧な説明ですでにファンが!
a0221457_18422155.jpg
a0221457_11144996.jpg
a0221457_1115512.jpg
a0221457_11154060.jpg

happy field cafe 福田さんのお料理。写真はこれしかとれませんでした。後日料理がおいしかったぁとたくさんのお声をいただいてありがとうございます。これは「自家製もち豚の長いソーセージ 季節の野菜のロースト添え」おいしそう。食べたかった。。福田夫妻サイコーです。ありがとうございました。
a0221457_1118215.jpg



そして次の日のこと、ぼーっとした頭の中で10数年ぶりにふとあることを思い出しました。

それは、吉祥寺のケーキ屋さんでドロンドロンになるまで修業をしていたころ、
当時住んでいたのは、歩いて帰れることで選んだとっても狭い1kのマンション。
1階の私の部屋は、ほとんど陽が当たらないところでした。唯一のいいところは広い屋上に上がれたこと。
月がきれいなその夜、私はビール片手にふらっと屋上へ。するとそこには、思い思いの場所ですでに月明かりで飲んでる住人達がちらほら。絵本作家の卵とか、静岡の実家のお菓子屋さんを継ぐ前にドイツ菓子屋さんに修行に来てる人とかとポツリポツリと取り留めのない話。その中で仲良くなったのが、料理人からワインンのインポーターに転職したばかりの21歳の男の子。時々屋上に上がっては、会社で試飲した余りのワインなどを彼の熱い説明付きでちゃっかり頂戴してました。
その中でもで特に印象に残ったのが、葡萄の名前も作り手も全く覚えてませんがとある1本のロゼワインです。自然派ノンフィルターのそのワインが半分以下になったころよく瓶をまわして空気を含ませるとトロトロの状態に、すごい美味しいというよりも自然に感動って感じでした。
月明かりにかざされたボトル、その時の風、ワインののど越しと香りがなぜか鮮明に蘇ってきました。わぁー私の満月バーへの想いのルーツがここにあったんだ。鎌倉のお総菜屋さんの満月ワインバーに行っても全然思い出さなかったのに。おもしろい。過去の自分の記憶に知らず知らず影響されてるもんなんですね。

dough-doughnutsの満月バーからも誰かの中にそんな記憶が作れたらなんて素敵なんだろう。

もちろん日々のdough-doughnutsも考えてることは同じです。
平凡な日常にささやかなワクワクと甘い幸せを!!                    

なんて。
[PR]
by dough-doughnuts | 2013-07-08 14:40 | 満月バー | Comments(0)

満月バーはスーパームーン!?

とうとう今週末に迫った「満月バー」なんと当日はスーパームーンなんですって!!

a0221457_2220013.jpg

スーパームーンとは、月が地球に一番近づくタイミングと満月になるタイミングが重なること。
23日は今年でもっとも満月が大きく明るく輝く日になるのです!!!

潮の満ち干きにも大きく関わる月の満ち欠け、特に満月の日は人の心にまでも大きな影響を与えるともいわれています。
満月バーでどんな素敵なハプニングが起こってもおかしくないですよね。。ワァーー。

いろんなパワーが宿る満月ですが一説では、ロゼワインのグラスに満月を映して一気に飲むと恋が叶う!ともいわれています。そこで今回は美味しいロゼもご用意してますよ。

「シ ロゼ シモン ビュッセー」 グラス600yen
a0221457_2251482.jpg

父から受け継いだビオロジックの畑のブドウで醸造も始めたシモンビュッセーは、天然酵母を用いso2(酸化防止剤)の使用を極力控えた自然派ワインの作り手です。シ ロゼはブドウを全房のままプレスしてロゼ色になった時点でストップ。小樽で自然発酵したワインです。自然派らしいややにごりのあるピンクいろで、するすると飲めちゃう瑞々しい梅ジュースのような味わい。私は大好きなタイプです。

そしてこのワインと相性がいいお料理は、「桃とリコッタチーズと生ハムの前菜」です。
梅雨を吹き飛ばすようなさわやかなワインとお料理の組み合わせ。最初の一杯にもおすすめです。

もう1つご紹介
「スール ラット グランド コリーヌ」グラス600yen
a0221457_22581921.jpg

フランス在住の自然派ワインの醸造家大岡さんのワインです。
スール ラット とは、澱と接触させたまま瓶内熟成しているという意味。なんと8年間瓶内熟成しています。
微炭酸の飲みやすい白ワイン。口に含むとわずかなガスとブドウの果実実と甘みが広がります。
しかも大岡さんが311の震災を受けて考えたチャリティーワイン。1本に100円が震災復興に寄付されます。
このワインと楽しんでいただきたいのが「自家製もち豚の長いソーセージ ロースト野菜添え」です。
手作りのフレッシュな長ーいソーセージ!!お隣さんとシェアもアリです。こちら限定品なのでお早めにどうぞ。
ワインはこの他にスパークリング、白、赤2種を500yen~700yenでご用意します。ベルギービールも数種あります。
満月バーでは基本的にソフトドリンクのご用意はございませんのでご理解お願いします。いすのご用意もありますが、スタンディングありのカジュアルなバーです。どうぞぶらっとおよりください。



世界のあちこちでステキなハプニングよ起これっ!!



a0221457_23272847.jpg

a0221457_23284978.jpg

2013 6.23(sun) 20:00~23:00(l.O)

満月に突然オープンする一夜限りのバー。一回目の今回は、ハッピーフィールドカフェのシェフ福田氏の季節の野菜をふんだんに使ったお料理と山仁酒店のソムリエ樋口氏の選りすぐりのビオワインの共演です。気軽に1杯でも賑やかにボトルでお食事でも。いつもと違った大人の「dough-doughnuts」へようこそ。
[PR]
by dough-doughnuts | 2013-06-20 23:32 | 満月バー | Comments(0)

6月23日 満月バー open !!

a0221457_1552454.jpg

a0221457_15572969.jpg

2013 6.23(sun) 20:00~23:00(l.O)

満月に突然オープンする一夜限りのバー。一回目の今回は、ハッピーフィールドカフェのシェフ福田氏の季節の野菜をふんだんに使ったお料理と山仁酒店のソムリエ樋口氏の選りすぐりのビオワインの共演です。気軽に1杯でも賑やかにボトルでお食事でも。いつもと違った大人の「dough-doughnuts」へようこそ。



という訳で、オープン前からずーーっとあたためていた「満月バー」をとうとう6月23日(日)満月にdough-doughnutsでやっちゃいます!!オープン前にペンキを塗っていたころ、ふと窓を見上げるとそこには大きな満月が。それからいつかここで美味しいお料理とお酒、音楽があり初めて出逢った人たちも楽しく会話が弾むそんなバー(場)をやりたいなとイメージは膨らんでました。これは先月のお月さん。
a0221457_16475376.jpg

そして出会ってしまったのです。素敵な場を作ってくれるワイルドシェフ福田氏とイケメンソムリエ樋口氏に。
オープンして間もないのに人気店の「ハッピーフィールドカフェ」福田氏のお料理は素材使いがとてもうまくて情熱を感じながらも優しい味。一品一品に個性と印象が残ります。そして今回は、カジュアルなスタンディングバル形式。いつもと一味違った顔が見え隠れすることでしょう。お料理は一皿300円から
ソムリエの樋口氏もワインへの情熱と知識に裏づけられたセレクトが魅力。お料理とのマリアージュを考えていままで出逢ったことがないようなビオワイングをラスで数種類ご用意していただけます。当日は直接サーブをしてもらいながらお話を聞く事もできますよ。グラス500円から。

予約なしのふらっと立ち寄れるバーです。ぜひ遊びに来てください。




dough-doughnuts ドードーナツ 028-637-2522
宇都宮市西2-2-22

[PR]
by dough-doughnuts | 2013-06-08 17:54 | 満月バー | Comments(2)